[いけりりBlog一覧] [English]
前のページへ [ページ 2/2] [*全5件の記事(4-5)] 最初へ /

IMG00508 IMG00509
いけりり@石垣島ANAホテル&リゾートです。ついにPADIの限定水域ダイブのセミナーが始まりました。参加者は二人!!私ともう一人が退職後のおじいさんです。セミナーを開催している私にとっては、赤字じゃんとか思いながら受講するにはありがたい気分です。結論からいえば、すっごい感動な一日でした。以下一日の思い出を。

まず最初に各種エントリーシートなどを記入します。病気とかの情報とか、Cカードに使う写真なども貼り付けたり。写真は4×3の写真がなくてANAホテル&リゾートの先のツタヤでスピード写真を撮りました。結構忘れる人多いと思うので(私だけかな)皆さんお気をつけください。
そして、学科でプールとか使ってやるのかなあと思っていたら、いきなり石垣の前里ビーチそばのビーチハウスで実習でした。まずはスキューバのセットの説明です。もっと良く教科書読んでおくべきでした。バディシステムを組むおじいさんのほうが全然要領もよいし、恥ずかしかったです。しかしながら先生の説明も的を得ていると思いました。ボンベの内容をチェックしたり(空気ボンベは重たすぎるYO)、ウェットスーツに着替えたり(水を入れながらやるのがいいかも)、BCDとボンベを接続したり、ウエイトをつけたり、マスクの使い方やシュノーケルを習ったり、オクトパスを使って緊急の酸素補給をするやり方とか、息の仕方とか、深度や圧力の確認とか、予想以上にカリキュラムはいっぱいでした。
次に、桟橋に移動していろいろと道具をつけます。ちなみにものすごく重たい。ウエイトが6kgの重りだし、ボンベは10kgくらいだし、BCやレギュレーターも1kgくらいはあるから、すごい重装備です。シャワー浴びないと汗いっぱいになります。というか、ダイバーの人たちってこんなにいっぱいつけていたんだと、驚きます。センスのない私は、ボンベとレギュレーターの接続やBCの調整など、下手っぴで遅れがち。そのたびにバディのおじいさんに助けてもらいました。重たいボンベをじいちゃんがもってくれたときには、おじいちゃんが海猿、いや海人に見えました。(あと、水中でエアーもらう練習したときも神のように見えたYO)
さて、入ります。フィンの使い方やシュノーケルはやったことがあるのでポテンシャルでクリア。でもすっごくきれいでクラゲとか、イソギンチャクとか、ミーバイみたいなのとか、オジサン(という魚)など、いっぱいいて楽しいです。そして、ついにレギュレーターで呼吸です。なんだか空気が勝手に入ってくる感じ。シュノーケルという場合呼吸しなければいけないのにレギュレーターの場合はなんだか簡単に呼吸ができます。不思議。ここで午前終了

IMG00505 IMG00506
午後はついに水深3mです。すごかったです。ほんのちょっとしか潜ってないのに水面のほう見上げると宇宙を見ているみたいに水面がキラキラ光っていてとても美しかったです。(まるでストラトス4の通り池のシーンみたいでした。)また、今回はBCを利用せずに、30分間入ったのですが、すごかったです。リアル ファインディング ニモ というか、シュノーケルだと、クマノミとかを見ても逃げるのに、今度は深い底面のイソギンチャクの下にいるカクレクマノミなどもゆっくり見れてすごかったです。あと、深さの調整が難しいです。BCを利用しない場合、自分の肺が浮き袋みたいな感じになるんですが、私はどうも浮きがちで、姿勢の制御が大変でした。ようやくわかったのは、呼吸をする時に普段より多めに吐き気味でいくと、潜って水底で安定しやすく、浮きたいときには地上でやっているような呼吸でイイ感じです。また、実際にレギュレータークリアとか、マスククリアもやったのですが、なんとかうまくできました。しょっちゅう水面に上がって教えてもらうと思っていたので、、ずっと水底で、(言葉が話せないので)ボードを使ってのセミナーなので、この進め方も意外でした。とにかく楽しかったです。へたっぴながら、こんなに楽しいなんて!!人生生きてて知らないことって、本当にいっぱいありますね。くたくたになりましたが、明日もがんばります。目指すはCカード。おーおー。にゃ。

20070614IMG435 20070614IMG434
今度休暇で石垣島にいくことになりました!! 以前宮古島で体験ダイビングはやったことがあったのですが、今回はついにダイビングの研修を受けることに!! で、そのときに取得するダイビングのライセンス(PADIのスクーバダイバー)の教材が届きました。wktk。 テキストとDVD(まだみてないけれどもアメリカンの2人おねえさんたちが楽しそうに泳いでいるコメディ映画風な感じ?な2枚組)と、ダイブプラナーという残留窒素時間(RNT)と実際潜水時間(ABT)をもとに水深に応じて合計潜水時間(TBT)を求める表みたいなのが届きました。でもダイブプラナーの注意書きが怖い。数字間違えると軽く死ねる感じだよ。

さてさて、ダイビングは日本では法整備がなくて、無免許でもいちおうOK(事故がおこると訴訟が大変らしい)なのですが、国際的には、民間企業(PADI http://www.padi.co.jp/ とSSI http://www.ssijapan.jp/ が大手みたい)が実施している認定資格(Cカード:Certificated Card)が必須みたいで、海外や国内でダイビングするのには提示が求められるとのことです。このへんはコンピュータ業界のベンダ試験みたいな感じなのかなあ。
そこで、滞在中に、PADI http://www.padi.co.jp/ のエントリー資格であるスクーバダイバー資格(http://www.padi.co.jp/visitors/program/cu_0200.asp)を取ることにしました!! 飛行機に乗っている日は潜れないので、3泊4日休めても、泳げるのは2日間です。最初の一日目でプール?近海?講習、次の日が外洋とのこと。なんだか怖いけどもがんばってきます。スクーバダイバー資格からはアップグレード方法があるみたいで、スクーバダイバーから+2日間でオープンウォーター 最初はオープンウォーター資格 http://www.padi.co.jp/visitors/program/cu_0201.asp という世界どこでもひとりで潜れる認定が取得できるとのこと。このあたりの商法もベンダ試験っぽいなあと思ったり。いずれにせよ、リアルは苦手な私ですが、年齢にも負けずにがんばってきたいと思います。おーおー。

前のページへ [ページ 2/2] [*全5件の記事(4-5)] 最初へ /

★最新コメント
関連ページ
2018-10-08 宮古島クルージングのMONBLANC号でグラスボート体験
2007-07-15 PADI Cカード がきました
2007-06-30 PADI Scuba Diver 限定水域ダイブ 2日目
2007-06-29 PADI Scuba Diver 限定水域ダイブ 1日目
2007-06-21 PADI OpenWater 教材が届いたよー

★最新[Twitter] [写真(@yumeneko_akiba)]

Twitter Updates