[いけりりBlog一覧] [English]
[ページ 1/92] 次のページへ [*全276件の記事(1-3)] 最後へ
投稿者: ikeriri
•Lawrence Abramsさんの投稿より
https://www.bleepingcomputer.com/news/microsoft/windows-10-quietly-got-a-built-in-network-sniffer-how-to-use/

null

•Windowsのキャプチャ方法としては以前からnetshによる方法として netsh trace start capture=yes traceFile=ファイル名.etlがありましたが、こちらのETLは以前はWiresharkでうまく処理できなかったり(現在のWiresharkはETL対応)、インタフェースの指定が難しいなど問題がありました。これに対してWindows10 May 2020アップデートにおいて、新しくpktmon.exeに-l real-timeおよびpktmon pcapngオプションが追加されました!

Pktmonのサブコマンドはpktmon [コマンド]に対応しており、オンラインヘルプは pktmon filter help のように入力します。—管理者権限でコマンドプロンプトを起動したら、キャプチャフィルタを設定してみます。pktmon filter add –p ポート番号 で特定ポートのみキャプチャするように設定できます.

pktmon start [-c { all | nics | [ids...] }] [-d] [--etw [-p size] [-k keywords]] [-f] [-s] [-r] [-m]でキャプチャを開始します。 たくさんのオプションがあるため、詳細はヘルプを見てください。

—-c, --componentsオプション(おすすめ) 監視対象のコンポーネントを選択します。すべてのコンポーネント、NIC のみ、またはコンポーネント ID の一覧を指定できます。既定値は all です。コンポーネントは仮想アダプタなどがたくさんあるので pktmon comp listでIDを確認することをおすすめします。

—--etwオプション(必須)パケット キャプチャのロギング セッションを開始します。

—-p, --packet-size(おすすめ) 各パケットからログに記録するバイト数。常にパケット全体をログに記録するには、0 に設定します。既定値は 128 バイト。

—-f, --file-name(おすすめ) .etl ログ ファイル。既定値は PktMon.etl です。

—-s, --file-size ログ ファイルの最大サイズ (MB 単位)。既定値は 512 MB 。

以上が良く使うオプションです。例えば、ID13のコンポーネント(NIC)で、ファイル名test.etlですべてのパケットをキャプチャする場合は pktmon start –-etw –p 0 –c 13 –f test.etl になります。—キャプチャを開始したらpktmon stopで停止します。

さて、これまでのファイルはetlのため、Microsoft Message Analyzerに最適化されており、またキャプチャがうまくいっているのかも確認できませんでした。新しいWindows10 May 2020アップデートではpktmonが更新され、pktmonにリアルタイムでキャプチャ情報を表示する「-l real-time」オプション、およびETLファイルをWiresharkで処理しやすいpcapngフォーマットに変換する「pktmon pcapng」サブコマンドが追加されます。

—-l real-timeオプションはpktmon startとあわせて使うことで、標準出力にキャプチャ中の情報(MACアドレス、イーサタイプ、IPアドレス等)を随時表示することで正しくキャプチャされているかを確認できます。

—さらにMicrosoftのpktmonコマンドにpcapngファイルへの変換を行うpktmon pcapサブコマンドが追加されます!!pktmon pcapng ETLファイル –o pcapngファイルのように指定することでETLファイルをpcapngファイルに変換できます。例 pktmon pcapng test.etl-o test.pcapng (画像はLawrence Abrams氏)

これがあれば私たちはWiresharkがインストールできないような環境でも、現場でパケキャプを取得して後でWiresharkで解析ができます!!
カテゴリー: インフラ関係
投稿者: ikeriri
null Dualcomm社ETAP-2406が登場しました。
SFPx2の100/1000BASE-X対応のインライン接続ポートとモニタ用のRJ-45ポートを4つ持ち、リピータハブのように全ポートをフラッディングと光ファイバ側SFPの送信・受信別々のキャプチャを切り替えて利用できる100/1000Mbps対応タップです。
詳細は→nullhttps://www.ikeriri.ne.jp/develop/dualcomm/
null
カテゴリー: インフラ関係
投稿者: ikeriri
1/2019110713014100-IMG_9629-small.jpg
いけりりSharkfest Europeです。会場では機材のテストやキャプチャを行うことができるSharkfestShowalというものがあります。
1/2019110713014101-IMG_9631-small.jpg
そして、Wernerさんのクラスでお土産もらいました!ありがとうございます。
[ページ 1/92] 次のページへ [*全276件の記事(1-3)] 最後へ

★最新コメント
関連ページ
2020-04-30 光ファイバ(SFP)のインライン接続全二重キャプチャ対応タップETAP-2406が登場しました
2019-11-07 Shaarkfest Showalとおみやげ
2019-11-06 Sharkfest Europe '19 基調講演はじまりました!
2019-11-05 Sharkfest Europeの開発者キット
2019-10-23 1Gbpsフルキャプチャおよび見える化デモンストレーション@幕張メッセ
2019-10-23 情報セキュリティEXPO 2019秋の出展内容
2019-07-26 Wireshark3.1.0開発版がリリースされました。
2019-06-12 ベティさんの巨大パケット処理とかナルさんのデバイスとか
2019-06-10 Bettyさんからプレゼントいただきました!
2019-01-04 サイバーセキュリティセミナ開催しています

★最新[Twitter] [写真(@yumeneko_akiba)]

Twitter Updates